つるん、と流し込むようにお手軽栄養補給

夏場になるといつもバテて少食になってしまう私ですが、今時分も夏日和の気候になったせいか、この頃あまり食欲が沸かずにいます。えーっ?まだ夏前なのに早くも夏バテか笑?なんて思いつつも、体にきちんと入れるものは入れておきたいですね。
そんなとき、たまご豆腐が活躍してくれています。大抵の場合、小ぶりなサイズで売られているたまご豆腐だけではたんぱく質の補給に乏しいので、このたまご豆腐になるべく茹でたての蒸し鶏のほぐし身を一切れほどまぶしていただいています。
それと併せ、どうせなら緑も追加したいので刻み小葱少々、そして体を元気づけるためのパワーとして、しょうがも適量添えて出来上がりです。これがまたおいしく、ヘルシーな味わいで食べるとやっぱり元気が出てきますね。一品だけでなく、いろいろトッピングしたりして栄養をたくさん摂った方がいいのでそうしています。
玉子豆腐は昔から食べ慣れている味でもあるため、これなら夏場、力の出ないときや食欲が乏しいときでもつるんと流し込むように胃袋に入れられます。しかしこのたまご豆腐、食卓で日々親しんでいくほどに普通のお豆腐よりもさらになめらかで食べやすく、それでいておいしいので最初にこのたまご豆腐を発案した人は凄いなあと感心してしまいますね笑。
生きていく限り、いつのシーズンでも栄養源として摂るものは摂る必要がありますが、来る夏に向けてバテないよう、この調子で食生活からいろいろ工夫して内側からバリアーを張っていきたいと思います。

医師転職サイトランキング2017|転職エージェントおススメTOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です