住宅ローンの簡単な説明と、住宅ローン控除について

不動産というのは、わたしたちにとって人生の中で最も高い買い物ですよね。

私も昔、住宅販売の仕事に携わっていたことがあったので、たくさんの方の住宅や土地の購入の手伝いをしてきましたが、よほどのお金持ちではない限り、不動産を現金でポンと買うということはできません。

そのため、ほとんどの方は住宅ローンを組んで不動産を購入することになります。

住宅ローンというのは、簡単にいうと借金です。

要するに、住宅購入資金のうち、現金だけでは足らない部分をローンを組むということですね。

日本人というのは特に、借金にネガティブな印象を持っているため、銀行側も借金とは言わずにローンと呼んでいます。

不動産を購入するのに借金をすることは決して恥ずかしいことではありません。

住宅ローンは浪費ではありませんし、不動産という資産は残っているわけですから、その分資産がマイナスになるわけでもありません。

また、日本経済という観点から見れば、国民が住宅を購入すればするほど、動くお金が多くなり、家を購入するに伴って、家具なども合わせて購入するケースも多く、日本経済全体に与える影響は大きくなります。

つまり、住宅購入が活発に行われれば、それだけ日本経済も明るくなるということです。

もちろん、国民が住宅を購入しやすい環境づくりのために、国として様々な政策が取られていることも関係しています。

例えば、その一つが住宅ローン減税です。

住宅を購入するために借りたお金について、その返済金額については課税対象から外されて控除の対象にしましょうというのが住宅ローン減税です。

専門用語だとわかりづらいので簡単に説明をすると・・・、

サラリーマンでも自営業者でも、年間の収入に対して税金(所得税)がかかってきます。

税金がかかる収入は所得といいますが、必ずしも収入=所得ではありません。

まず、収入から、その人が最低限生きていくために必要なものを引く必要があります。

例えば、基礎控除がそれにあたります。

基礎控除は家族一人あたり38万円が所得額から引かれますので、500万円の収入があった場合、家族が自分を含めて4人いれば38万円×4=152万円が差し引かれ、税金を計算する上での所得は384万円ということになります。

そして、住宅ローン控除は、1年間住宅ローンに支払った総額が、所得から差し引かれるので、結果として税金が安くなるというわけです。

住宅ローン減税が住宅を購入するキッカケとなるというと大げさかもしれませんが、税金が優遇されることは間違いありません。

http://xn--y8j541kkhcs05aiorxml.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です