不妊の原因?子宮筋腫について

不妊の原因には、女性が婦人科系の病気になっていることもあります。30代~40代の女性に多いと言われている病気に、子宮筋腫があります。子宮筋腫は、子宮の中にできるこぶのようなものです。子宮の筋肉から発生するものです。良性の腫瘍なので、子宮がんのようにすぐに取り除かないといけない!というものではありませんし、症状が何もなく、気づかない人もいます。子宮筋腫は腫瘍なのでしだいに大きくなっていきます。子宮筋腫の成長は、卵巣から分泌される女性ホルモンが影響しています。ですので、閉経(生理が終わってしまう)と、子宮筋腫が小さくなっていくことがあります。

子宮筋腫は複数個できることが多く、大きさはさまざまです。子宮筋腫は、子宮のいろんなところにでき、その場所によって症状が異なります。子宮筋腫の症状も人により様々で、まったく症状がない人もいれば、症状がある人もいます。子宮筋腫の代表的な症状は、生理のときの経血の量が多くなること、生理痛が重くなるです。経血の量が多くなるため、貧血を起こしたり、立ちくらみ、顔色が悪くなることもあります。子宮筋腫は妊娠にも関係があり、人によっては妊娠しにくくなったり、流産しやすくなったりします。

知り合いで、子宮筋腫がありながら、幸いにも妊娠した人がいます。筋腫と筋腫の間に着床したようで、奇跡の妊娠だったそうです。しかし、筋腫のせいで家の近所の小さな婦人科では出産はダメと言われ、絶対大学病院にしなさいと言われ、大きな大学病院で出産することになっています。子宮筋腫は、自覚症状はなくても、妊娠や出産に影響するので、婦人科検診をしっかりと受けておきましょう。治療方法もいろんな種類があります。

葉酸サプリ 人気 ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です