中学英語の難しさについて

昨年の冬に家庭教師をしていました。
bとdの区別がつかないほどもの学力のなさなのでしたが、結局は地元の工業高校になんとなか奇跡的に合格したのです。
英文法やら英単語が全くおぼえられなきというはなしをきいて、英語を勉強する意味がどこまであるのだろかと考えた結果、理科と社会の暗記科目で点数を稼ぐ戦略に切り替えました。
他の家庭教師との関係のとことで、土日しか勉強を教えることがでかなかったのですが、最終的には合格をかちとることができだのでせいこうしたのだと自負しています。
これは私の考え方なのですが、好きでなあ科目を問わん何頑張っでも、成果はそんなにでないと想います。
だからここは思い切って、得意科目で稼いで、苦手かもくをカバーするのがベストだとかんがえるのです。
好きな科目はどんなに時間を費やしても、そんなに疲労感はないとおもいます。
ところがこれが苦手かもくとなると、じかんと労力ばかりを無駄遣いすることになって、効果がないんです。
大学受験というのはトータルで、合否が判断されます。
というとは、数学で半分ぐらいしかとれなかったとしても、理科や社会のような暗記科目でいくらでもとりかえすことができるのです。国語や英語で余裕を作るのはむずかしいですけどね。

犬 リンパ腫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です