妊娠中、食べづわりで体重増加を抑えるのが大変でした

妊娠中は、何か口にしていないと気持ち悪くなる、食べづわりだったので体重が一気に増加してかなり困りました。妊婦検診の際にも体重増加について、毎回のように注意されるようになり、食事のバランスを整えるは大変でした。

体重増加を抑えるためにコンニャク料理を作ったり、野菜スティックをオヤツ代わりに食べるなど色々と工夫するようにしたら、少しずつ体重増加が緩やかになりました。体重増加が続くと、妊婦さんは妊娠糖尿病になったり、中毒症がでて妊娠中、危険な状態になるとのことで、体重増加をなるべく抑えるように色々と工夫して過ごすようにしました。料理は手作りにして、ファストフードなどは食べないようにするなど工夫したことで大きく変化してきました。甘いものが食べたくなったらさつま芋を蒸したり、大学芋を手作りして食べていました。他には洋菓子より和菓子を好むなど色々と工夫するようになってから、体重増加が次第に収まってきたので、病因のアドバイスを参考にしました。

妊娠向けのスイミングスクールがあったので、それに参加して適度な運動をするようにしました。水泳は体へ負荷もかからず、足のむくみや運動不足を解消することができるので、なかなか楽しかったです。妊婦同士仲良くなるので、適度な運動をすることで快適に過ごせるようになりました。また、買い物へ行く時もウォーキングをするなど、なるべく運動するようにして日々過ごすようにしていました。

妊娠中におすすめの葉酸サプリを紹介♪美容成分が入っているもの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です