歯列矯正時に食べていいものといけないもの

歯列矯正は、矯正治療のなかでもメスを使わないものですが、歯に専用の装置をつけるため、人によっては痛みや違和感を感じることがあります。

困るのは、食べ物です。

歯列矯正をしている時には食べるものも一工夫したいものですね。

どんな食べ物がよくて、どんな食べ物がいけないのかをまとめてみました。

食べてはいけないものを覚えておけば、あとは何とかなります(笑)。

食べてはいけないものリスト
・ガム
・キャラメル
・餅
・せんべい

これらは、すべて噛むと歯にへばりついたりするもので、装置が取れてしまったり、歯について取れなくなったり、装置の奥に入り込んでとれなくなったりするもので、注意が必要です。

せんべいはゆっくり食べれば何とかなりそうですが、これらの食べ物は矯正が終わるまでは食べないほうがベターですね。

その他にも、装置にからみつくネギやほうれん草は食べるときに気をつけましょう。

パン類やチョコレート、お饅頭、キンピラゴボウなどもねっとりして歯につきやすく、装置に絡まって、無理に取ろうとすると誤って装置自体が取れてしまう可能性があります。

これらも、食べるのを控えたほうが良さそうです。

以上が、歯列矯正時に食べてはいけないものの代表的なものです。

反対に食べて良いものは、かみやすく、歯に負担がかからない、豆腐類、温野菜、スープ、うどん、そば、ヨーグルト、プリン、おかゆ、豆乳、ゼリーなどがあります。

これらは、最悪歯で噛まなくとも舌で潰して食べることも可能です。

歯列矯正時には、これらの食べ物を使った献立・メニューを作ると良いですね。

歯列矯正の治療というと、期間も長くかかるため、それでも摂取しなければいけない食事とは、うまく付き合っていく必要があります。

http://xn--kckycd4kk3c3c3552c3y4a.biz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です