妊娠線ができる原因やおすすめのケア

妊娠はとても嬉しいけれど妊娠線が現れたら困る、そのように感じている方はおそらく少なくないかと思います。

実は妊娠線というのはお腹だけではなく、胸や二の腕、太ももやおしりといった脂肪分が多い部分に現れます。これは妊娠することによってステロイドと呼ばれるホルモンが増えることが関係しており、ステロイドが増えると肌の潤いや弾力が失われてしまいます。弾力が失われた皮膚が妊娠によって急激に伸ばされた結果、肌の真皮層などがその伸びについていけずに断裂してしまうのです。ステロイドは一部のみ増えるということはありませんからお腹は勿論、妊娠によってサイズが大きくなりやすい胸やお尻などの部位にまで妊娠線が現れてしまうのですね。

そのため妊娠線を予防したいのであれば、お腹以外の部位のケアもしっかりすることが大切です。

ではどのようにケアをすればよいのかというと、やはり保湿がおすすめです。妊娠線予防用のクリームなども販売されているため、自分の体質や好みに合ったものを選ぶと良いでしょう。

一般的にはお腹が大きくなりはじめる五ヶ月ほどからケアをはじめると良いといわれていますが、よりしっかりと予防をしたいのであれば妊娠初期から行うのが良いかと思います。保湿ケアというのは妊娠していなくてもお肌にとって大切なケアですから、早くから行ってはいけないというものではないのです。

一度できると綺麗にするのが難しいといわれている妊娠線だからこそ、しっかりと予防をして綺麗なお肌で子育てを楽しみたいものですね。

妊婦 肉割れ クリーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です