僕の野球人生ですが(;´・ω・)

僕の野球人生は小学校5年生の時から始まりました。きっかけは仲の良い友達が少年野球に入っていたからです。父親も祖父もとても野球が好きだったので、僕が野球をやることにとても喜んでくれました。中学に入ると3年生でキャプテンになり、夏の最後の大会では県大会に出場し、ベスト8まで進みました。高校は甲子園出場経験のある学校を選び甲子園出場を目指し3年間必死に頑張りました。夏の県大会では、僕が1年生の時3年生がベスト8が最高で、僕が3年生の時には初戦で敗退してしまいました。その夏には清原と桑田のいる pl 学園が、出場していました。とても同じ学年とは思えない雲の上のような存在でした。それでも嬉しかったことがあります。中学校時代に、一緒に頑張った同期が数名別の高校に進学し、なんと3年生の時に甲子園に出場しました。その中の一人が今では高校の野球部の監督をしています。正直中学生の時僕も高校の監督になりたいとも考えていました。しかし今では、その友達を見ていると、先生と監督の両立で、すごく大変なんだなーと、とても自分にはできない職業だったと今改めてならなくてよかったと感じています。その後社会人となった僕は、会社にある軟式野球部で、そこでもキャプテンとなり10数年間野球を頑張りました。
めっちゃぜいたくフルーツ青汁格安