すべてが自由!不器用さんでも大丈夫な羊毛フェルト

羊毛フェルトとは、特殊な返しがついた針で羊毛を刺し固めてさまざまなものをつくる手芸のひとつです。

作り方によってスイーツや、動物、バッグや携帯ケース、アクセサリーなど多種多様なものを作ることができます。

私が初めて手芸店で羊毛フェルトを見たのは3年前。動物を作るためのキットが売り場一面に置いてあり、あまりのかわいさに一目で心を奪われました。

すぐさまキットを作るのに必要な用具をキットとともに購入し、家に飛んで帰りました。

さっそく作ってみましたが、私は不器用でなかなか初めから動物の形に作るのは難しかったです。

しかし、羊毛は縫ったり貼ったりとは違い、一度失敗した場所でも取って付け直したりすることが可能です。

うまくいかなかったところはとって付け直したり、羊毛を巻きたしたりして手直しをしました。

手芸が好きな私ですが、縫い物は大の苦手。布は一度切ってしまうと元に戻すことはできません。

短くしすぎてしまうと取り返しがつかないし、やりなおしすしかなくなります。羊毛フェルトはそれがない。

これは不器用な私には大きな助けとなりました。ちょっとこうしたいと思ったら、すぐ直せる。

ありとあらゆることが自由です。

色もたくさんありますし、カラフルな羊毛は見ているだけでもテンションが上がります。

羊毛を刺しているときはただただ無心になれますし、これからもぜひ続けていきたい趣味のひとつです。

もっとすっきり生酵素 格安

テスト作ったのはいいけど結構間違ってた話

ちょっとびっくりしていることでもあるのですが、一生懸命テストを作って印刷したものの印刷した後に大きな間違いに気がついてしまいました。こんなことってあるんだなぁってレベルの大きな間違いです。もう印刷してしまっているので、これをそのままにしておくのってどうなの?って感じなので、明日提出日なのですが、明日刷り直そうと思っています。

自分でもびっくりでこんなことになるとはって感じなので動揺しきっています。これ今さら時間戻らないよね?みたいな感じです。でも、間違いをそのままにしておくよりかはやはり直した方が良いと思うので、紙がとてももったないように思いますが一度破棄して新しいのを刷ろうって感じですね。なんだか夜遅くまで作業しようとか思っていたのに出鼻をくじかれて気分が下がってしまいました。

とはいえ、まぁ間違いが見つかったことは悪いことではないと思いますし、積極的に直して明日はすっきりしたいなってところです。それに同僚も遅くまで残っているのでその意味では自分だけがダメなんじゃないとも思いますし。今度からやっぱり一度自分で解かないとダメだなぁとか痛感しました。同じ間違いはしないように気をつけたいと思うばかりです。

スリムゼウス マッチョ