ドコモ光のプロバイダはv6プラスが速いのか?

NTT 光フレッツの光コラボレーションのサービスの一つであるドコモ光回線は色々なプロバイダーを選べる光回線として有名です

回線スピード8ルーターの無料レンタルメールアドレス無料プレゼントなど多数のキャンペーンが開催されています

それに加え今話題の v6プラスに対応しているプロバイダーもあります
V6プラスとはどういうものかといえば既存のインターネット回線とは違って新しいスタイルの回線サービスとなっています
簡単に説明すると既存のインターネット回線より回線スピードが出やすいのが v6プラスになります

今までのインターネットの主流の回線が ipv 4接続と呼ばれていたのですが v6プラスはその次の世代の新しい回線サービスのスタイルなんです

だからといって v6プラス、 ipv 6接続に変更すれば必ず回線スピードが速くなるかといえば残念ながらそうではないのです

そして ipv 6接続を導入するためには大きな注意点があります
それ1 ipv 6接続を実現するためにはそれに対応したルーターを準備する必要があるのです

また厄介なことにその v6プラスに対応しているルーターというのがそれぞれのプロバイダーによって異なっています
だからどんなルーターを用意すればいいのかというのは自分が加入しているプロバイダーにいちいち問い合わせる必要があるのです

ドコモ光 プロバイダ おすすめ

浮気された時の慰謝料ってナンボが妥当?相手が未婚の場合

恋人関係で未婚の場合彼氏や彼女から浮気された場合慰謝料って取れるのか?
についてご説明していきます

この問題については結論から申し上げると相手から慰謝料を取れる可能性はかなり低いです。
というのも日本では自由恋愛を原則としているので未婚の場合では法律的な制約がありません。

ところが未婚だった場合でも慰謝料を請求できるケースもあります。
そのケースをご案内しますね。

内縁関係がそれにあたります
効率的に行ったら当事者同士に結婚の意思がある、婚姻の意思がある。
または同居しているという点が内縁関係を満たす条件となっていまして、
法律の範疇に入ります。

さらに言えば家計が一緒である、認知した子供がすでにいると言った場合さらに認められやすくなります。

過去の判例で妊娠した事実を知りながら話し合いに応えようとしない男がいました。
このようなケースでは100万円の慰謝料が発生した事例があります

浮気相手が既婚者でありながらそれを隠して浮気をしていた場合 、
女性の肉体を侵害したとして慰謝料を取ることが可能です

女性の方も既婚の事実を知りながら不貞行為を続けていたのなら慰謝料の対象にはならないのですが相手が独身などと嘘などを言っていた場合慰謝料の対象となります

浮気 慰謝料 取り方

DTI光のキャンペーンについて

集合住宅と一戸建て住宅では利用料金が違うので
レベルは同レベルといったところでしょう

DTI 光電話を使わない場合のキャンペーンではもらえるキャッシュバックは次のように変わります

一戸建てタイプ=11000円
集合住宅タイプ=9000円

利用料金が毎月500円ずつ下がるからキャンペーンでもらえるキャッシュバック金額も下がります

4000円少なくなるのですが月々の費用が500円安いことを考えると8ヶ月間使えば同じことになります
固定電話が不必要なユーザーは DTI 光の光電話を申し込まない方がいいです

加入時には上記のいずれかをキャッシュバックキャンペーンとして利用することができます

今のところ DTI 光は加入者獲得に力を入れているので
キャッシュバックの他にも一か月目無料の キャンペーンをやっています

先程ご案内しましたが月々の利用料金は一戸建てタイプで4800円、集合住宅タイプで3600円になります

これが一か月分完全に無料になります

このキャンペーンは特に受け取りの条件はありませんので
DDT 光の加入者の全員がもらえることができるものです

ただし期間限定のものなのでもらいたいユーザーはキャンペーンが終わらないうちに
判断したほうがいいでしょう